楽天ギフトカードをお得に購入するルート【2024最新】 click

dカード GOLD→dカードへダウングレードする方法!タイミングと注意点について解説

≪景品表示法に基づく表記≫ 本記事にはプロモーションが含まれています。
dカード GOLD→dカードへダウングレードする方法!タイミングと注意点について解説
  • URLをコピーしました!
とまとかん

こんにちは!
とまとかんです♩

今回のテーマは「dカード GOLD→dカードへダウングレードする方法!タイミングと注意点について解説」です!

dカード GOLDから三井住友カード プラチナプリファードへメインカードを変更した我が家。

年会費が11,000円かかるdカード GOLDは、解約 or 年会費無料のdカードにダウングレードという選択肢がありますが、我が家はダウングレードという選択をしました!

とまとかん

年会費無料だし、dカードを持ち続けることにデメリットはないと考えたよ!

しかし、一口にダウングレードと言っても、タイミングによっては損をしてしまったり、ダウングレード前後で注意しなければならない点もあります。

そこで本記事では、実際にdカード GOLDから年会費無料のdカードにダウングレードした我が家が、手続きの方法と注意点について解説します!

当ブログをご訪問いただき、dカード GOLDから三井住友カード プラチナプリファードに乗り換えた方も多いようなので、そんな方の参考になると嬉しいです◎

それでは早速参ります◎

\プラチナプリファード作成で10,000ポイントが貰えます/

三井住友カード 紹介特典
紹介URLが欲しい人はTwitterかコメントでメッセージください♩

もくじ

dカード GOLDをダウングレードするタイミング

ダウングレード後のdカード
ダウングレード後のdカード

実際にダウングレードの手続きをする前に、dカード GOLDの年会費請求と年間ご利用額特典の仕組みについて解説します。

とまとかん

年会費を余分に払ったり、貰えるはずの特典を逃してしまうのは避けたいよね!

dカード GOLDをダウングレードするタイミングは、以下の2点が判断ポイントとなります。

dカード GOLDのダウングレードをするタイミングの判断ポイント
  • 年会費の請求月
  • 年間ご利用額特典の獲得の可否
とまとかん

1つずつ解説していくよ!

❶ dカード GOLDの年会費の請求月

dカード GOLDは11,000円の年会費がかかりますが、公式サイトには以下の記載があります。

次年度の年会費を発生させないためには、いつまでに解約すればよいですか。

dカード GOLDの年会費は、原則、年会費請求月の前月の15日までに解約またはレギュラーカードへのお切替が完了していれば発生いたしません。

引用元:dカード 公式サイト

例えば、年会費の請求月が4月の場合、3月15日までに解約もしくはダウングレードが完了していれば、次年度の年会費は発生しません。

ダウングレード or 解約をしよう!と思ったら、まずは年会費の請求月を確認しましょう。

年会費の請求月の確認方法はこちら(公式サイト)

❷ 年間ご利用額特典の獲得の可否

dカードゴールド 年間ご利用額特典
出典:dカード公式サイト

dカード GOLDには年間ご利用額特典があり、上記のとおり利用額に応じた特典が進呈されます。

※ 2025年配布特典より、特典内容が変更になります。
 詳細はこちら:dカード GOLD年間ご利用額特典に関するリニューアルのお知らせ

この特典、ダウングレード前に獲得できるなら、もちろん獲得してからダウングレードするのがお得です◎

注意するべきことは、年間ご利用額特典の発送タイミングは一律であるのに対し、年会費の請求月は人によって異なるということです!

とまとかん

次回の特典獲得を待ってからダウングレードしたほうがお得な人と、待たずにダウングレードしたほうがお得な人がいるので気を付けてね!

この点、とても複雑なので、具体例とともに解説します。

前年の利用額が100万円に満たない場合

dカード GOLDの年間ご利用額特典は、前年の累計利用額によって決まります。

dカード GOLDの年間ご利用額特典獲得の条件
  • 利用額累計期間(利用日):前々年12月16日~前年12月15日
    • 利用額100万円以上:11,000円(税込)相当獲得
    • 利用額200万円以上:22,000円(税込)相当獲得

つまり、前々年12月16日~前年12月15日の利用額が100万円に満たない場合、次回の年間ご利用額特典は獲得できないので、今すぐにでも解約してOKです。

年会費の請求月を確認し、年会費請求月の前月の15日までに解約もしくはダウングレードするようにしましょう。

現在の年間お買物額累計を確認する(公式サイト)

とまとかん

我が家は、メインカード乗り換えの時点で100万円に達していなかったから、年会費の請求月を確認してダウングレードしたよ!

前年の利用額が100万円を超えている場合

前年の利用額が100万円を超えている場合、次回の年間ご利用額特典を獲得する権利があります。

この場合、次回の年会費の引き落としのタイミングによって、獲得するべきかどうかが変わってきます。

dカード GOLDの年間ご利用額特典獲得の条件
  • 利用額累計期間(利用日):前々年12月16日~前年12月15日
  • 特典発送期間:毎年5月下旬~順次
  • 特典交換期間:毎年5月下旬~翌年5月中旬まで
  • 特典利用期間:毎年5月下旬~翌年5月下旬まで

年間ご利用額特典は、毎年5月下旬~順次発送です。

2023年は5月30日に到着していました!

ここで、dカード GOLD公式サイトには、以下の記載があります。

【特典進呈について】

ダイレクトメール送付時点でdカード GOLDを解約されていた場合は、特典進呈の対象外となります。また、特典進呈後もdカード GOLDを解約された場合はクーポンの交換、利用はできません。

引用元:dカード 公式サイト
年間ご利用額特典を利用したいが、dカード GOLDを解約しても年間ご利用額特典の対象となりますか。

ご利用時点でdカード GOLDを解約されていた場合、年間ご利用額特典進呈の対象外となりますので、ご注意ください。

※dカード GOLDからdカードへ切り替えをした場合や、ご利用携帯電話番号を変更した場合は、クーポンの交換や利用は可能です。

引用元:dカード 公式サイト
特典を利用したいが、dカード GOLDからdカードに切り替えしても年間ご利用額特典の利用は可能か。

進呈した年間ご利用額特典はdカード GOLDからdカードへ切り替えを行った場合でもクーポンの交換は可能となります。

※ご利用携帯電話番号を変更した場合もクーポンの交換や利用は可能です。
※dカード GOLDを解約された場合はクーポン交換はできなくなります。

引用元:dカード 公式サイト

非常に複雑ですが、まとめると以下のとおりです。

解約・ダウングレードと年間ご利用額特典獲得の条件
  • ダイレクトメール送付時点でdカード GOLDを解約していた場合は、特典進呈の対象外
  • ダイレクトメールを受け取っていれば、dカードにダウングレード後も特典利用可能
  • ダイレクトメールを受け取っていても、利用時にdカード GOLDを解約していれば利用不可

つまり、年間ご利用額特典のダイレクトメールを受け取るには、その時点でdカード GOLDを保有している必要がありますが、ここで年会費の問題が出てきます。

年間ご利用額特典の発送タイミングは一律であるのに対し、年会費の請求月は人によって異なります!

例えば年会費の請求月が4月の場合、4月に11,000円の年会費が発生した後に、5月下旬にダイレクトメールが届くことになります。

特典が11,000円分の場合、プラマイゼロと考えて、年間ご利用額特典を受け取るまで保有し続けるのも1つの選択肢ですし、年会費発生前に解約 or ダウングレードして特典を受け取らないのもアリです。

200万円利用していれば22,000円分の特典が獲得できるので、受け取った方がお得と考えることもできますね。

年会費の請求月が8月の場合、5月下旬にダイレクトメールを受け取ってから7月15日までにダウングレードすることで、特典を受け取った上で次回の年会費を発生させないということが可能になります。

ダウングレードではなく解約する場合、特典を受け取って利用してから解約する必要があります。

このように、dカード GOLDのダウングレード or 解約のタイミングは、個人の前年の累計利用額と年会費の請求月によってそれぞれ異なります。

とまとかん

複雑だけど、大事な部分だから自分の条件をしっかり確認してね!

まずはとにかく、年会費の請求月を確認しましょう!確認方法はこちら(公式サイト)

dカード GOLDをダウングレードする手順

dカード GOLDをダウングレードするタイミングが確認できたら、実際にダウングレードの手続きをします。

dカード GOLDのクレジットカード番号によって、必要な手順が異なります。

❶ dカード GOLDのクレジットカード番号が「4980」「5302」「5334」のいずれかから始まる場合

dカード GOLD
我が家のdカード GOLD

我が家がこのパターンです。

※クレジットカード番号が「4980」「5302」「5334」のいずれかから始まる方は、新しいdカードへの切替えのお申込みが必要です。
こちらよりお申込みください。

引用元:dカード 公式サイト

「4980」から始まるdカード GOLDだったため、上記リンクより手続きをしました。

リンク先も分かりにくいのですが、下にスクロールしていくと下記の表示があります。

dカード GOLDから新しいdカードへの切替
PC画面

この左側の、「dカード GOLDから新しいdカードへのお切替え」から手続きに進みましょう。

とまとかん

右側を選ぶと新しいdカード GOLDへの切替になってしまうから気を付けてね!

氏名や住所、家族カードの有無など、基本的には既に登録されている情報が表示されているので、修正がある場合は入力し直しましょう。

切替といいつつ、国際ブランドの再選択が可能だったので、我が家はVISA⇒Masterへ変更しました!

とまとかん

メインカードの三井住友カード プラチナプリファードはVISA一択なので、違うブランドにしてみたよ!

そして、dカードは5つのデザインから選べます。

dカード デザイン
出典:dカード 公式サイト

我が家は夫:通常デザイン(ブルー)、家族カード:ポインコデザイン(レッド)にしました!

ダウングレード後のdカード
とまとかん

持ち歩く予定はないから興味本位で選んでみたけど、意外と可愛いよね??🤣

2024年1月12日(金)に手続きをして、1月20日(土)に簡易書留で届きました。

次回の年会費を発生させたくない場合は、特に余裕をもって手続きをしましょう。

とまとかん

ちなみに我が家の年会費請求月は4月です😂

❷ クレジットカード番号が❶以外の場合

クレジットカード番号が「4980」「5302」「5334」以外で始まるdカード GOLDの場合、郵送申込書(切替え)での手続きとなります。

公式サイト:dカードからdカード GOLD(dカード GOLDからdカード)に切替えしたいのですが、手続き方法を教えてください。

また、不安な人は電話での問い合わせもできます。

dカード ゴールドデスク

ドコモの携帯電話から

  • *9010(無料)「*(アスタリスク)」「9」「0」「1」「0」の順に押下してください。

通話無料なので、❶の手続きに当てはまる人も、不明な点がある場合は問い合わせてみるのが確実です◎

郵送でのやりとりになるので、❶の手続きに加えてさらに時間がかかります。

こちらも、年会費請求月に余裕をもって手続きをするようにしましょう。

dカード GOLD→dカードへダウングレードする際の注意点

dカード GOLDからdカードへダウングレードするにあたり、いくつか注意点があります。

dカード GOLD→dカードへダウングレードする際の注意点
  • dカード GOLDの特典が受けられなくなる
  • クレジットカード番号が変更になる
  • dポイントカード番号が変更になる
  • ETCカードの解約は同時にはできない(2年目以降年会費有料)
とまとかん

1つずつ解説していくよ!

❶ dカード GOLDの特典が受けられなくなる

dカード GOLD ドコモ光10%還元
出典:dカード公式サイト

dカードGOLDから年会費無料のdカードにダウングレードすることで、当たり前ですがdカード GOLDの特典は受けることができなくなります。

dカード GOLDの特典(例)
  • 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」利用料金の10%ポイント還元
  • ケータイ購入から3年間、最大10万円補償
  • 国内・ハワイの主要空港ラウンジが利用無料 など

ダウングレードと同時に、上記の特典を受けられなくなるので、必要な人はドコモ光の乗り換え先なども検討しましょう。

我が家はdカード GOLDのダウングレードに伴い、ドコモ光からGMOとくとくBB光に乗り換えましたが通信品質は全く変わらず料金だけが安くなり、結果大正解でした◎

工事不要なのもメリットです♩

とまとかん

10%還元がなくなるとドコモ光のメリットも薄れてしまうから、乗り換えも検討してみてね!

\ GMOとくとくBB光の申し込みは特設サイトがお得!/

❷ クレジットカード番号が変更になる

一連の手続きに伴い、クレジットカード番号や有効期限も変更になります。

引き続きdカードでの支払いを設定している人は、クレジットカード番号の変更手続きを忘れずに行いましょう。

とまとかん

我が家は全て、三井住友カード プラチナプリファードに支払いを集約してからダウングレードの手続きをしたよ!

SBI証券の積み立て5%還元とETCの3%還元が続く限りは、三井住友カード プラチナプリファードをメインカードとして使い続ける予定です。

\紹介URLが欲しい人はTwitterかコメントでメッセージを!/

三井住友カード 紹介特典

三井住友カード プラチナプリファード作成で10,000ポイント貰えます。

ポイントサイト経由よりも、紹介URLから作成するのが一番お得です◎

❸ dポイントカード番号が変更になる

とまとかん

これは盲点だったよ!

dカード同士の切り替えなのでdポイントカード番号は引継がれると思っていたのですが、我が家の場合は変更になっていました。

我が家は手続き❶に該当したので、手続き❷の人は変更にならないのかもしれません。

現時点で、dポイントカード番号の変更手続きが必要になったものは以下のとおりです。

dポイントカード番号の変更手続きが必要なもの
  • dポイント・d払いアプリ(再ログインで反映)
  • リクルートIDとの連携
  • メルカリ
  • 日興フロッギー
  • Googleウォレットのdポイントカード

他にも判明次第、追記していきます。

貯まるはずのdポイントが貯まっていなかった…ということにならないよう、一度設定を確認してみてくださいね◎

❹ ETCカードの解約は同時にはできない(2年目以降年会費有料)

我が家はdカード GOLDでETCカードを契約していたので、dカードへのダウングレードに伴い、新しいETCカードが届きました。

dカード ETCカード

このETCカードも番号が変更になっているので、引き続き使用する場合、ETCマイレージサービスなどは再登録が必要です。

dカードのETCカードは、初年度年会費無料です。

dカード GOLDのETCカードは利用の有無に関わらず年会費無料ですが、通常のdカードの場合、前年度(本会員のdカード契約月から1年間)に一度もETCカード利用の請求がなかった場合、2年目以降は550円(税込)の年会費がかかります。

したがって、ETCを利用しない場合は解約する必要があるのですが、dカード GOLDのダウングレードとETCの解約は同時にはできませんでした💦

dカード ETCカード 解約
ダウングレード時の手続き画面

ダウングレード後はETCカードを利用しないという人は、カードが届いてからETCカードの解約を忘れずに行いましょう◎

乗り換え先の三井住友カード プラチナプリファードはETCが常時3.0%還元なので、高速通勤の我が家にはとても嬉しいカードです!

まとめ

dカード GOLD→三井住友カード プラチナプリファードへのメインカード変更に伴い、dカード GOLDをダウングレードしたのでその手続きと注意点について解説しました。

とまとかん

メインカードの変更って、やっぱりすごく大変だよね!💦

少しでもお得に暮らすためのメインカード変更なので、その手続きで損をしてしまうのは悲しいですよね。

dカード GOLDは、ダウングレードのタイミングがとても重要です◎

年会費の請求月と年間ご利用額特典の獲得の可否について、慎重に検討してくださいね。

少しでもスムーズな手続きのお手伝いができると嬉しいです。

それでは今回は以上となります。

とまとかん

またね!

\GMOとくとくBB光の申し込みは特設サイトがお得!/

\容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2,970円(税込)/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ