楽天ギフトカードをお得に購入するルート【2024最新】 click

三井住友カード プラチナプリファード VS ゴールド(NL)の損益分岐点は?カードを選ぶポイントを解説

≪景品表示法に基づく表記≫ 本記事にはプロモーションが含まれています。
三井住友カード プラチナプリファード VS ゴールド(NL)の損益分岐点は?カードを選ぶポイントを解説
  • URLをコピーしました!
とまとかん

こんにちは!
とまとかんです♩

今回のテーマは「三井住友カード プラチナプリファード VS ゴールド(NL)の損益分岐点は?カードを選ぶポイントを解説」です!

SBI証券が、クレジットカード積立の上限を10万円に引き上げ検討とのリリースが出ました。

当社は関連法令改正があり次第、クレジットカードでの投資信託の購入上限額を現在の5万円から10万円に引き上げることを検討しています。

出典:SBI証券 プレスリリース 2023年12月15日

その影響から、ここ数日、「プラチナプリファード」がX(旧Twitter)でトレンド入りです!

とまとかん

ありがたいことに、我が家の紹介で三井住友カード プラチナプリファードに入会いただくことも増えてきました🙇‍♀️🙏

我が家のメインカードは、三井住友カード プラチナプリファードです。

プラチナカードということもあり、年会費は33,000円と決して安くはありませんが、33,000円払ってでも乗り換えるメリットがあると判断しました。

とまとかん

年会費を余裕で上回るポイントを獲得できているから、我が家は乗り換えて大正解だよ!◎

一方で、下位カードである三井住友カード ゴールド(NL)は、年間100万円の利用で年会費永年無料になりますが、三井住友カード プラチナプリファードは、年間いくら利用しようとも年会費は必ず毎年発生します。

年会費33,000円を無料にすることはできません。(※ 下記の追記参照)

とまとかん

ゴールド(NL)のほうがお得なのかな??とも思うよね!

現在、三井住友カード ゴールド(NL)を利用していて三井住友カード プラチナプリファードへアップグレードを検討している人や、そもそもどちらのカードを申し込むべきか迷っている人も多いと思います。

そこで本記事では、三井住友カード プラチナプリファードと、ゴールド(NL)のどちらを選ぶべきかの判断基準について詳しく解説します。

なお、ゴールド(NL)にはブランド違いで2枚持ちという選択肢もありますが、こちらの検証については以下の記事で解説しています。

\プラチナプリファード作成で10,000ポイントが貰えます/

三井住友カード 紹介特典
紹介URLが欲しい人はTwitterかコメントでメッセージください♩

※ 2023年12月時点で、三井住友カード プラチナプリファードの「解約手続きを進めると最後の画面で次回年会費引き落とし無料の案内が出る」という現象が確認できています。

しかし、おそらく1年限りの措置であり基本的には必ず年会費は発生します。

本記事もその想定で進めます。

もくじ

三井住友カード プラチナプリファードとゴールド(NL)との比較

三井住友カード プラチナプリファード
三井住友カード ゴールド(NL)

出典:三井住友カード公式サイト

三井住友カード プラチナプリファードの作成を検討する際、比較されるクレジットカードとして、同じ三井住友カードの下位カードである三井住友カード ゴールド(NL)があります。

両者の特徴を比較し、それぞれの損益分岐点について詳しく解説していきます。

三井住友カード プラチナプリファードとゴールド(NL)の基本機能

三井住友カード プラチナプリファードと三井住友カード ゴールド(NL)の違いについてまとめました。

三井住友カード プラチナプリファード
三井住友カード プラチナプリファード
三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カード ゴールド(NL)
年会費33,000円(税込)通常 5,500円(税込)
年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料
家族カード年会費無料無料
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降、前年度に一度もETC利用がない場合は550円(税込)
初年度無料
2年目以降、前年度に一度もETC利用がない場合は550円(税込)
基本還元率1.0%0.5%
ブランドVISAVISA/Master
ポイント種類VポイントVポイント
SBI証券積立還元率5.0%1.0%
ポイント還元サービス・入会初年度は3ヵ月以内に40万円の利用で40,000ポイント
・継続特典で毎年最大40,000ポイント
・海外での現地通貨決済で3.0%還元
・プリファードストアの利用で最大10.0%還元

・家族の登録で最大12.0%還元
・継続特典で毎年最大10,000ポイント
・家族の登録で最大12.0%還元
付帯保険国内・海外旅行傷害保険(最高5,000万円
ショッピングガード補償(最高500万円
※ 「選べる無料保険」への切替え可能
国内・海外旅行傷害保険(最高2,000万円
ショッピングガード補償(最高300万円
※ 「選べる無料保険」への切替え可能
違いがある項目のみ赤字で表示

三井住友カード ゴールド(NL)は、初年度は年会費が5,500円かかりますが、年間100万円以上の利用で翌年以降年会費永年無料になります。

とまとかん

年会費が永年無料ってかなり大きいよね!

基本還元率やSBI証券積立での還元率、他の入会特典や継続特典などのポイント還元率においては、やはり三井住友カード プラチナプリファードが上回りますが、年会費33,000円を無料にすることはできず、必ず毎年支払わなければなりません

2年目以降は、年会費だけを見ると33,000円の差額があります。

この点を考慮した上で、どちらのカードがお得なのか、損益分岐点について検証してみます。

三井住友カード プラチナプリファードとゴールド(NL)の損益分岐点

三井住友カード プラチナプリファードと三井住友カード ゴールド(NL)の還元率において、一番大きな差があるのはSBI証券での積立投資です。

三井住友カード プラチナプリファードは5.0%、三井住友カード ゴールド(NL)は1.0%です。

SBI証券での積立利用額と年間の総利用額によって、どちらのカードがお得になるかが変わってきます。

積立利用額ごとに損益分岐点をシミュレーションしてみました。

本記事では、以下の条件にて検証しています。

  • 三井住友カード ゴールド(NL)の年会費は、2年目以降の無料化達成後(0円)と仮定し、獲得ポイントから年会費を差し引いて手元に残る金額を比較しています。
  • 年間利用額は、積立利用分を除いた金額です。
  • 1ポイント=1円で計算しています。
  • 特に記載がない限り、通常利用の還元率(プラチナプリファードは1.0%、ゴールド(NL)は0.5%)で計算しています。

今回のシミュレーションでは省略していますが、三井住友カード ゴールド(NL)は、初年度は必ず年会費5,500円が発生します。これを加味すると、実際の損益分岐点はもう少し下がる(プラチナプリファードのほうがよりお得になる)とも言えます。

❶ 積立利用をしない場合

スクロールできます
年間利用額0円100万円200万円299万9,999円300万円
ゴールド(NL)015,00020,00024,99925,000
プラチナプリファード-33,000-13,0007,00016,99927,000
獲得ポイントから年会費を差し引いて手元に残る金額

SBI証券での積立を全く利用しない場合、299万9,999円までは三井住友カード ゴールド(NL)が上回りますが、300万円になると三井住友カード プラチナプリファードが逆転します。

すなわち、SBI証券での積立を全く利用しない場合の損益分岐点は300万円です。

❷ 月3万円積立をする場合

スクロールできます
年間利用額0円100万円199万9,999円200万円300万円
ゴールド(NL)3,60018,60023,59923,60028,600
プラチナプリファード-15,0005,00014,99925,00045,000
獲得ポイントから年会費を差し引いて手元に残る金額

SBI証券で毎月30,000円ずつ積立をする場合、199万9,999円までは三井住友カード ゴールド(NL)が上回りますが、200万円になると三井住友カード プラチナプリファードが逆転します。

すなわち、SBI証券で毎月30,000円ずつ積立をする場合の損益分岐点は200万円です。

❸ 月5万円積立をする場合

スクロールできます
年間利用額0円179万9,899円179万9,900円180万99円180万100円200万円
ゴールド(NL)6,00024,99924,99925,00025,00026,000
プラチナプリファード-3,00024,99824,99925,00025,00137,000
獲得ポイントから年会費を差し引いて手元に残る金額

SBI証券で上限の毎月50,000円ずつ積立をする場合、179万9,899円までは三井住友カード ゴールド(NL)が上回りますが、179万9,900円~180万99円の間はどちらも並びます。

180万100円になると三井住友カード プラチナプリファードが逆転します。

すなわち、SBI証券で上限の毎月50,000円ずつ積立をする場合の損益分岐点は180万100円です。

とまとかん

積立額月3万円と5万円で、損益分岐点が20万円程度しか差がないのは意外だね!

❹ 月5万円積立をした上でプリファードストアを利用する場合

❸の条件に加え、三井住友カード プラチナプリファードだけの特典であるプリファードストアを利用する場合です。

プリファードストアの一覧はこちら

例えば、年間利用額の中で、+9%還元となる宿泊予約サイトを年間10万円分利用する場合、三井住友カード プラチナプリファードのみ+9,000ポイントが獲得できます。

スクロールできます
年間利用額0円10万円100万円200万円300万円
ゴールド(NL)6,0006,50021,00026,00031,000
プラチナプリファード-3,0007,00026,00046,00066,000
※ 年間利用額のうち10万円を10%還元のプリファードストアで利用した場合

年間利用額が0円である場合を除く全てのパターンで、三井住友カード プラチナプリファードが三井住友カード ゴールド(NL)を上回る結果となりました。

年間利用額が0円の場合の差額は9,000円であることから、クレジットカード積立を上限の月5万円利用し、プリファードストアで年間9,000ポイント以上獲得できれば、たとえ年間利用額が10万円であっても三井住友カード ゴールド(NL)に勝ち目はありません。

月5万円積立×プリファードストア利用の場合、三井住友カード プラチナプリファードのほうがお得になる可能性が極めて高いと言えます。

他にも、ふるさと納税サイトの「さとふる」「ふるなび」は、2023年12月31日まで+6%還元となっています。

こういった利用も含めることで、プリファードストアの利用額を増やすことも難しくないでしょう◎

とまとかん

我が家はETCの+2%還元が重宝しているよ!

三井住友カード プラチナプリファードとゴールド(NL)を選ぶポイント

三井住友カード プラチナプリファード
三井住友カード ゴールド(NL)

出典:三井住友カード公式サイト

以上のことから、三井住友カード プラチナプリファードとゴールド(NL)を選択するポイントとしては、❶ SBI証券での積立額・❷ 年間利用額・❸ プリファードストアの利用額の3つが挙げられます。

三井住友カード プラチナプリファードとゴールド(NL)を選ぶポイント

三井住友カード プラチナプリファードと三井住友カード ゴールド(NL)の損益分岐点
  • SBI証券での積立額
    • 全く積立をしない場合:年間利用額300万円
    • 月に3万円積立をする場合:年間利用額200万円
    • 月に上限の5万円積立をする場合:年間利用額約180万円
  • 年間利用額(積立利用額を除く)
    • 300万円以上:三井住友カード プラチナプリファード一択
    • 300万円未満:SBI証券での積立額やプリファードストアの利用状況で判断
  • プリファードストアの利用額
    • 高還元のストアを多く利用する場合は損益分岐点が大幅に下がり、三井住友カード プラチナプリファードのほうがゴールド(NL)を上回る可能性が高い

三井住友カード プラチナプリファードを検討している人の多くは、SBI証券での高還元やプリファードストアに魅力を感じていると予想されることから、これらを全く利用しないというパターンは考えづらいですね。

とまとかん

プラチナプリファード作ったのに、SBI証券で1円も積立しないっていう人はきっと少ないよね💦

もちろん他にも、継続特典の最大40,000ptや、入会時の40,000pt還元など、プラチナプリファードにしかない特典は数多くあります。

三井住友カード ゴールド(NL)は、初年度に年間100万円利用できれば、2年目以降は年会費永年無料なので、その安心感からつい選びたくなりますが、年会費がかかる三井住友カード プラチナプリファードのほうがお得になるパターンも多く存在します。

とまとかん

年会費無料だからといって、必ずしも最適解ではないってことなんだね!!

今回のシミュレーションでは省略していますが、三井住友カード ゴールド(NL)は、初年度は必ず年会費5,500円が発生します。これを加味すると、実際の損益分岐点はもう少し下がる(プラチナプリファードのほうがよりお得になる)とも言えます。

一概にどちらがお得とは言えず、個人の利用条件によって大きく異なります。自分の想定する利用をシミュレーションした上で、獲得できるポイントを計算してみましょう。

なお、三井住友カード プラチナプリファードは、入会特典の40,000ptが獲得できれば、初年度は実質無料で利用できます。

まずは1年利用してみて、次年度の年会費がかかるタイミングまでに継続を判断するのも良いと思います◎

プラチナプリファードとゴールド(NL)の2枚持ちもお得

三井住友カード プラチナプリファードはVISAブランドのみですが、三井住友カード ゴールド(NL)は、VISAとMasterから国際ブランドを選択できます。

Masterはau PAYにチャージできるなど、国際ブランドによって使える決済手段が異なるため、両者の補完として、三井住友カード プラチナプリファード&三井住友カード ゴールド(Master)の組み合わせで2枚持ちするのもおすすめです。

au PAYにチャージできることで、楽天ギフトカードやAmazonギフト券の購入ルートの選択肢が増えるメリットがあります。

au PAYへのチャージ分も、初年度の100万円利用のカウント対象のため、翌年以降の年会費を無料にする手段としても優秀です◎

また、2枚持ちをする場合は、紹介特典は1枚分しか使えないため、三井住友カード プラチナプリファード作成時に利用するのがおすすめです。

紹介特典で貰えるポイントは、プラチナプリファードが10,000pt、ゴールド(NL)が2,000ptです。

\プラチナプリファード作成で10,000ポイントが貰えます/

三井住友カード 紹介特典
紹介URLが欲しい人はTwitterかコメントでメッセージください♩

三井住友カード プラチナプリファードの作成方法

三井住友カード プラチナプリファードは年会費を33,000円も支払うので、少しでもお得に作る方法はないか調べてみました。

① 紹介特典を使う

三井住友カードには紹介特典があり、紹介URLからの作成でプラチナプリファードの場合は10,000ポイントが付与されます。

\紹介URLが欲しい人はTwitterかコメントでメッセージを!/

三井住友カード 紹介特典

ポイントサイト経由よりも、紹介URLから作成するのが一番お得です◎

他ポイントサイト等全てチェックしましたが、最大でも7,000~8,000ポイント程度なので、ポイントサイトを経由せず紹介特典を使うのが一番お得になります。

ただし、この紹介特典は以下に当てはまる場合は使えません。

  • 過去に紹介制度を利用し、カード作成していた場合
  • 特典付与時点で、紹介する方・された方いずれかが対象カードを解約していた場合
とまとかん

我が家は三井住友カード(NL)を作成した時に紹介特典使ってたから、プラチナプリファードを作成する時には使えなかったんだよね…!泣

当てはまらない場合は紹介特典が一番お得になります。

とまとかんの紹介URLを載せたいところですが、WEBサイトでの公開は禁止されているので、twitterかコメントにてメッセージいただけると紹介URLをお伝えします!

ぜひお気軽にご連絡くださいね♩個人情報がこちらに伝わることは一切ありません。

この紹介URLは三井住友カード専用です。Oliveには適用されないのでご注意ください。Oliveの紹介コードはこちらの記事で掲載しています。

➁ ポイントサイト経由(ハピタス)

①の紹介特典が使えない人は、10,000ポイントよりは少なくなりますがポイントサイト経由でポイントGETしましょう。

ポイントサイトのハピタスを経由して開設すると、530ポイントが貰えます!

\登録でさらに1,000ポイント/

ハピタス 登録バナー

上記バナーより会員登録をしたら、ログインし「プラチナプリファード」と検索します。

↑この当時は7.300ptでしたが、現在は530ptまで減少しています。日々変動します。

検索結果として上記が出てくるので、「ポイントを貯める」をクリックして作成へ進みましょう。

※ ポイントは日々変動します。

とまとかん

普通に作成しても1円も貰えないから、紹介特典かポイントサイトを忘れずに利用してね!!

まとめ

今回は、三井住友カード プラチナプリファードと、下位カードであるゴールド(NL)について、どちらを選ぶべきかの判断基準について解説しました。

三井住友カード プラチナプリファードは、年会費33,000円が高額に感じますが、SBI証券での資産運用を考えている人や、普段からプリファードストアをよく利用する人は、年会費を大きく上回るポイントを獲得することができます。

我が家のシミュレーションは以下で解説しています。

もちろん、三井住友カード ゴールド(NL)もお得なカードには違いないので、自分の利用方法に応じて2枚のカードを選んでくださいね♩

それでは今回は以上となります。

とまとかん

またね!

楽天ペイ-楽天ポイントカードも利用できるスマホ決済アプリ

楽天ペイ-楽天ポイントカードも利用できるスマホ決済アプリ

Rakuten Group, Inc.無料posted withアプリーチ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ