≪三井住友カード プラチナプリファードに支出を集約するルートはこちら≫

Oliveフレキシブルペイのデメリット解消?!進化したOliveのメリットとカードの選び方を解説【家族カード発行可】

≪景品表示法に基づく表記≫ 本記事にはプロモーションが含まれています。
Oliveフレキシブルペイのデメリット解消?!進化したOliveのメリットとカードの選び方を解説
  • URLをコピーしました!
とまとかん

こんにちは!
とまとかんです♩

今回のテーマは「Oliveフレキシブルペイのデメリット解消?!進化したOliveのメリットとカードの選び方を解説【家族カード発行可】」です!

2023年3月にOliveフレキシブルペイがスタートしてから、早くも1年が過ぎました。

三井住友銀行 Oliveフレキシブルペイ
出典:三井住友銀行公式サイト

三井住友カードと名前やカードの見た目が似ているのはもちろん、主要な特典もほぼ同じなことから、この1年どちらのカードを作るべきか迷っていた人も多いと思います。

プラチナプリファードを例とした、両者の違いは下記で解説しています。

我が家のメインカードは三井住友カード プラチナプリファードですが、その際「Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード」にするという選択肢もありました。

とまとかん

簡単に言うと「三井住友カード プラチナプリファード」と「Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード」の2種類がある状態なんだよね!

それでも我が家が三井住友カードを選んだのは、Oliveフレキシブルペイに下記のデメリットがあったからです。

Oliveフレキシブルペイのデメリット
  • 引き落とし口座が三井住友銀行に限定される
  • 家族カードが作れない
とまとかん

家族カードが欲しいから三井住友カードを選ぶっていう人も多いよね!

そんな中、2024年春に行われたOliveフレキシブルペイのアップデートにより、これらのデメリットの多くが解消することとなりました!

Oliveフレキシブルペイのデメリットが払拭され、どんどん使いやすいカードへ進化しています!

そこで本記事では、2024年春に行われたOliveフレキシブルペイのアップデート内容と、デメリットが解消したOliveと三井住友カードの選び方について徹底解説します。

とまとかん

それでは早速参ります!

※ 2024年4月時点で、三井住友カード プラチナプリファードの「解約手続きを進めると最後の画面で次回年会費引き落とし無料の案内が出る」という現象が確認できています。

しかし、おそらく1年限りの措置であり基本的には必ず年会費は発生します。

本記事もその想定で進めます。

もくじ

Oliveフレキシブルペイのアップデート内容

Oliveフレキシブルペイ 一般
Oliveフレキシブルペイ ゴールド
Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード

出典:三井住友銀行公式サイト

早速ですが、2024年3月に発表されたOliveフレキシブルペイのアップデート内容は以下のとおりです。

Oliveフレキシブルペイのアップデート内容
  • 定額自動入金サービスの開始(2024年3月18日~)
  • 家族カード発行開始(2024年4月16日~)
  • Oliveアカウントランク切替機能開始(2024年4月8日~)

上記のアップデートにより、Oliveフレキシブルペイのデメリットがかなり払拭されました◎

とまとかん

1つずつ解説していくよ!

❶ 定額自動入金サービスの開始(2024年3月18日~)

2024年3月18日より、定額自動入金サービスが開始されました。

とまとかん

定額自動入金サービス…?って言われてもピンとこないよね??

引き落とし口座の縛りが実質緩和される?

毎月、お客さまご本人名義の他行口座からご指定の金額を引落し、Olive アカウント申込代表口座へ
自動で入金するサービスです。手数料無料でお使いいただけます。本サービスをご利用いただくことで、都度入金や振込のお手続きを行うことなく、本人名義口座間の資金移動が可能となります。

出典:三井住友銀行公式サイト

Oliveフレキシブルペイのデメリットとして、引き落とし口座が三井住友銀行に限定されるという点があります。

とまとかん

生活圏内に三井住友銀行がない我が家にとってもマイナスポイントだったよ💦

三井住友カード プラチナプリファード
三井住友カード
プラチナプリファード
Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード
Oliveフレキシブルペイ
プラチナプリファード
引き落とし口座自由に設定可能三井住友銀行のみ

そこで、今回のアップデートによって追加された「定額自動入金サービス」によって、引き落とし口座の縛りというデメリットを実質緩和することができます。

定額自動入金サービス
出典:三井住友銀行公式サイト

定額自動入金サービスの詳細は以下のとおりです。

スクロールできます
対象Olive アカウント契約者
手数料無料
手続方法三井住友銀行アプリ、SMBC ダイレクトより手続
契約数一人あたり 3 契約まで
引落日毎月 5 日または 27 日の何れかを選択
(金融機関休業日の場合は、翌営業日)
引落口座本人名義の他金融機関口座
指定の金融機関のみ)
入金口座Olive アカウントの申込代表普通預金口座
入金金額1 契約あたり、1 万円以上 100 万円以下、1,000 円単位
入金日引落日から 4 営業日後
とまとかん

三井住友銀行以外をメイン口座にしていても、定額自動入金サービスを使ってOliveアカウントに毎月送金できるってことだね!

引き落とし口座を三井住友銀行にしか設定できないというデメリット自体はなくなっていませんが、そのデメリットを補う機能として、定額自動入金サービスはかなり優秀です◎

お金の出入りは1つの口座にまとめたいという人には相変わらず向きませんが、引き落としさえ不自由なくできれば良いという人にとってはかなり使える機能ですね!

定額自動入金サービスについて、詳しくはこちら(公式サイト)

選べる特典と組み合わせてVポイント200ptを毎月獲得

Oliveフレキシブルペイ 選べる特典
出典:三井住友銀行公式サイト

Oliveフレキシブルペイには「選べる特典」があり、以下の4つから選ぶことができます。

Oliveフレキシブルペイの選べる特典
  • 給与・年金受取特典(200pt)
  • Ⅴポイントアッププログラム還元率(+1%)
  • ご利用特典(100pt)
  • コンビニATM手数料無料(1回)

このうち、定額自動入金サービスで3万円以上入金をすると、❶の給与・年金受取特典の200ポイントを毎月獲得することができます!

「給料振込」という明細がない場合でも、当月または前月に定額自動入金による1件あたり3万円以上の入金がある場合は、給与受取実績があるものとします。

出典:三井住友銀行公式サイト
とまとかん

年間で2,400ポイントだからかなり大きいよね!

選べる特典について、詳しくはこちら(公式サイト)

給与振込などのメイン口座が別にある人でも、定額自動入金サービスを利用することで不自由なく引き落としができ、Vポイントも毎月200ポイント獲得できるので一石二鳥ですね◎

引き落とし口座の制限はOliveフレキシブルペイの大きなデメリットと言われていましたが、今回のアップデートによってかなり緩和されたと言えるでしょう。

❷ 家族カード発行開始(2024年4月16日~)

Oliveフレキシブルペイの1番大きなデメリットが「家族カードが発行できない」という点でしたが、2024年4月16日よりついに家族カードの発行が可能になりました!

とまとかん

これが一番の朗報だよね!!

家族カードのサービス概要は以下のとおりです。

スクロールできます
対象本会員がクレジットモードを利用できる方
生計を共にする配偶者、満 18 歳以上の子(高校生を除く)、両親
年会費永年無料(本会員の Olive アカウントランク問わず)
申込方法三井住友銀行アプリ、Vpass アプリより申込
発行枚数無制限(申込は 1 回につき 1 枚まで)
利用枠本会員の利用枠内
決済口座本会員の支払い口座
支払方法クレジットモード
※デビットモードおよびポイント払いモードの利用・支払方法変更の利用不可

三井住友カードと同じく、SBI証券の積立には利用できません。

Oliveフレキシブルペイには、クレジットモード・デビットモード・ポイント払いモードの3つの支払いモードがありますが、家族カードの機能はクレジットモードのみです。

とまとかん

基本的にはクレジットモードで支払う人が多いし、この点は大きなデメリットじゃないよね!

Oliveフレキシブルペイには三井住友カードと同様、以下の特典があります。

Oliveフレキシブルペイの特典
  • Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード
    • 入会特典:入会後3ヵ月間に40万円利用で40,000pt還元
    • 継続特典:毎年100万円の利用ごとに10,000pt還元(最大40,000ptまで)
    • SBI証券積立:年間300万円以上の利用で還元率+1.0%、500万円以上の利用で+2.0%
  • Oliveフレキシブルペイ ゴールド
    • 継続特典:毎年100万円の利用で10,000pt還元
    • SBI証券積立:入会2年目以降、前年100万円以上の利用で還元率1.0%、10万円以上の利用で0.75%

これらは通称「修行」と呼ばれますが、上記特典の獲得のための100万円などを達成しやすくするためにも、家族カードを発行して利用シチュエーションを増やすことはとても有効です。

とまとかん

我が家は絶対に家族カードが欲しかったから三井住友カードを選んだけど、これからはOliveフレキシブルペイも選択肢になるよね!

家族カードが発行できないことでOliveフレキシブルペイを諦めていた人にとってはかなりの朗報ですね◎

❸ Oliveアカウントランク切替機能開始(2024年4月8日~)

Oliveフレキシブルペイには3つのランク(一般・ゴールド・プラチナプリファード)がありますが、違うランクに変更したい場合、一度 Olive アカウントを解約した上で希望のランクに再度申込みをする必要がありました。

つまり、一度解約をするため前のランクのカードは利用できず、新しいランクの再申込みが完了するまで「利用できない空白期間」が発生していました。

とまとかん

メインカードが使えない期間があるのは困るよね💦

今回のアップデートにより、今後は解約の手続きなく、一般ランク、ゴールドランク、プラチナプリファードの 3つのランクを自由に変更できる上、即日新しいランクへ切替可能になります。

しかし、一見かなり改善したように見えるアップデートですが、相変わらず注意点も多くあります。

Oliveアカウントランク切替時の注意点
  • 新しいランクのクレジットモードの審査に通過しなくても、ランク切替のキャンセルはできない
  • 新しいランクの現物カードは後日郵送のため、審査通過後もしばらくカード現物は使えない
  • ランク切替実施日を契約日として、切替後ランクの年会費が発生
とまとかん

1つずつ解説していくよ!

新しいランクのクレジットモードの審査に通過しなくても、ランク切替のキャンセルはできない

「解約&再度申し込み」という手順はなくなりましたが、切替先のランクのクレジットモードは毎回審査があります。

そして、もし切替先のランクでクレジットモードの審査に通過しなかったとしても、ランク切替のキャンセルはできません

つまり、元々使っていたOliveフレキシブルペイも、切替先のランクのクレジットモードもどちらも使えない状態になります。

ただし、カードの切替について、Oliveフレキシブルペイ会員規約には以下の記載があります。

なお、当社は本フレキシブルペイの切替申込後、切替前の本フレキシブルペイのクレジットモードとして利用していたクレジットモード専用カード番号について、切替申込後も一定期間の利用を可能とし、後日解約できるものとします。

出典:Oliveフレキシブルペイ会員規約

切替申し込み後も、切替前のランクのクレジットモードは即使えなくなるわけではなく、一定期間の利用が可能となりました!

これは今回のアップデート前にはなかった記載です。

万一切替先のクレジットモードの審査に通過しなくてもしばらくは前のランクのカードが使えるので、以前のような「どちらも使えない空白期間」が発生することはなくなりました。

ただし、ランク切替のキャンセルができないことに変わりはないので、いずれは前のランクのカードは使えなくなります。

元のランクに戻したい場合、再度元のランクへの切替手続きが必要になります。

とまとかん

空白期間がなくなったのは助かるけど、やっぱり手続きが面倒という印象は変わらないよね💦

通常のクレジットカードでは可能な「新しいカードの審査に通過して手元に届いてから古いカードを解約する」という流れが、Oliveフレキシブルペイでは相変わらず不可能なままです。

新しいランクの現物カードは後日郵送のため、審査通過後もしばらくカード現物は使えない

今回のアップデートによりランクの切替は即日できるようになりましたが、新しいランクの現物カードは後日郵送のため、手元に届くまでには数日かかります。

ただし先述のとおり、切替前のランクのクレジットモードは一定期間の利用が可能なため、その間何も使えずに困るということはなさそうです。

どのタイミングで新しいランクのカードが使えるようになるのか、両方使える期間があるのか?などは実際に切替手続きをしてみなければ検証はできませんが、仕組みが複雑であることは間違いないので、切替手続きのメールやカード郵送の際の封入物など、見落としのないよう一通り必ず目を通しておきましょう。

とまとかん

SBI証券の積立に使っている人は、タイミングによっては積立がうまくいかないこともあるかもしれないから漏れなくチェックしてね!

間違っても、新しいランクのカードが届いてそのまま放置するようなことはやめましょう◎

とまとかん

メインカードじゃないクレジットカードだったら、結構やっちゃうんだけどね🤣

ランク切替実施日を契約日として、切替後ランクの年会費が発生

Oliveフレキシブルペイには3つのランクがあり、それぞれの年会費は以下のとおりです。

スクロールできます
Oliveフレキシブルペイ 一般
Oliveフレキシブルペイ
一般
Oliveフレキシブルペイ ゴールド
Oliveフレキシブルペイ
ゴールド
Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファード
Oliveフレキシブルペイ
プラチナプリファード
年会費無料5,500円
2024.2.29までは初年度無料
33,000円
2024.3.31までは初年度無料
年会費優遇年間100万円以上の利用で
翌年以降年会費永年無料

ランクの切替をする場合、「ランク切替実施日を契約日として、切替後ランクの年会費が発生」と明記されています。

特に、Oliveフレキシブルペイ ゴールドは2024.2.29まで、プラチナプリファードは2024.3.31まで、それぞれ初年度年会費無料のキャンペーンが行われていました。

初年度年会費無料期間中に Oliveアカウントを申込していた場合も、ランク切替実施日を契約日として切替後ランクの年会費が発生するため注意しましょう。

また、ゴールドランクは年間100万円以上の利用で翌年以降の年会費が永年無料になります。

三井住友カードの場合、例えば三井住友カード ゴールド(NL)の年会費永年無料化を達成していれば、保有したまま三井住友カード プラチナプリファードなど他のカードを新規申込することもできます。

三井住友カードは、一度年会費永年無料を達成できれば解約しない限り年会費無料のまま保有し続けることができます。

しかし、Oliveフレキシブルペイは複数ランクのカードを同時に保有することができないため、せっかく100万円利用してゴールドランクの年会費永年無料化を達成しても、プラチナプリファードなど他のランクに切替をしてしまうとゴールドランクは解約以外の選択肢がありません。

最初に申込をするランクや、その後切替をするタイミングなど、十分に検討してから申込を行うようにしましょう。

Oliveフレキシブルペイのアップデートまとめ

ここまで、2024年春に発表されたOliveフレキシブルペイのアップデートについて解説しました。

まとめると、以下のとおりです。

スクロールできます
アップデート内容メリットデメリット
定額自動入金サービス引き落とし口座の縛りというデメリットが実質緩和
引き落としさえ不自由なくできれば良いという人にとってはかなり使える機能
Vポイントも毎月200ポイント獲得できる
お金の出入りは1つの口座にまとめたいという人には相変わらず不向き
家族カード発行開始家族カードが発行できないというOliveの大きなデメリットが解消
家族カードはクレジットモードのみだが特に問題なし
特になし
Oliveアカウントランク
切替機能開始
解約の手続きなく3 つのランクを自由に変更できる
即日新しいランクへ切替可能
切替申し込み後も切替前のランクのクレジットモードは一定期間の利用が可能
切替先のランクのクレジットモードは毎回審査あり
切替先のランクでクレジットモードの審査に通過しなくてもランク切替のキャンセル不可
どちらも使えない空白期間はなくなったが切替のタイミングなど手続きは通常のクレジットカードよりも煩雑
年会費無料期間中に切替をしてもランク切替実施日を契約日として切替後ランクの年会費が発生

この中でも1番の大きな改善はやはり家族カードの発行開始ですね!

とまとかん

我が家がOliveを選ばなかった1番の理由が家族カードが発行できないことだったから、ここがネックだった人にはかなり使いやすくなるよね✨

定額自動入金サービスも、引き落としさえ不自由なくできれば良いという人にはかなり使える機能だと思います。

無料で使える上、Vポイントも毎月200ポイント獲得できるためむしろお得になるとも言えます◎

アカウントランクの切替は以前よりスムーズになったとはいえ、やはり仕組みが煩雑であるという印象は変わらず💦

とまとかん

SBI証券の積立をしている人には、切替タイミングはかなり重要だよね!

しかし共通しているのは、Oliveフレキシブルペイのデメリットを解消していこうとするSMBCグループの姿勢です!

とまとかん

サービス開始当初に比べるとかなり使いやすく進化してるよね!

これからもSMBCグループが最も力を入れていくサービスであることには違いありません。

Oliveフレキシブルペイの今後のさらなる進化に期待ですね◎

我が家は「持つだけのOliveアカウント」を継続

三井住友カード×持つだけのOliveアカウントでいいとこどり

我が家のメインカードは、三井住友カード プラチナプリファードです。

下記の記事で、メインカードとして三井住友カードを利用しながら、Oliveの特典も最大限に受けることができる「持つだけのOliveアカウント」をおすすめしています。

今回のアップデートにより、Oliveもメインカードになりえるか?と検討したのですが、我が家は引き続きOliveアカウントは「無料の一般ランクを持つだけ」で継続したいと思います。

理由は以下のとおりです。

「持つだけのOliveアカウント」を続ける理由
  • カード引き落とし額が毎月変動するため、定額自動入金サービスだけでは不安
  • 気軽に切替・2枚持ちもできる点で三井住友カードのほうが使い勝手が良い
とまとかん

順番に解説していくよ!

❶ カード引き落とし額が毎月変動するため、定額自動入金サービスだけでは不安

我が家は住宅ローンの兼ね合いから、給与振込などのメイン口座は地元の地方銀行を利用しています。

今回のアップデートで追加された定額自動入金サービスを利用する方法もありますが、毎月のカード引き落とし額が割と変動するため、定額自動入金サービスだけでほったらかし、という訳にはいかないなと思っています。

とまとかん

請求額が極端に多い月に、万が一引き落としができなかったら大変だよね💦

余裕をもって入金しておけば良いのですが、中途半端な額をメイン口座と別に置いておくのも管理が煩雑で、かといって毎月引き落としができるか確認し続けるのも面倒です。

その管理の手間を上回るだけのOliveのメリットがまだ見出せないというのが正直なところです。

❷ 気軽に切替・2枚持ちもできる点で三井住友カードのほうが使い勝手が良い

2024年3月22日、SBI証券での積立還元率が変更になる旨が発表されました。

参考:三井住友カードつみたて投資のポイント付与率および条件

この発表を受けて、プラチナプリファードにアップグレードする人や逆にゴールド(NL)にダウングレードする人など、カードの切替を検討した人も多いと思います。

我が家は三井住友カード プラチナプリファードを継続します。
理由は以下の記事で解説しています。

SBI証券に限らず、クレジットカードの様々な条件は日々変更され、入会時の想定が大きく変わった場合にはカードのアップグレード・ダウングレードや解約など、今後もその可能性は常にあります。

そんな時、三井住友カードのほうが「身軽に動ける」ことは明らかです。

今回のアップデートにより、Oliveフレキシブルペイも即日新しいランクへ切替可能にはなりましたが、複数ランクの保有やランク切替のキャンセルは不可であるなど、まだまだ制限が多い印象です。

こちらもやはり、その切替の煩雑さを上回るだけのOliveのメリットがまだ見出せないというのが正直なところです。

以上の2点から、我が家はメインカードを三井住友カード プラチナプリファードにしながら、Oliveの無料アカウントを保有するという「2枚持ち」を継続します。

もちろんこれは我が家の視点なので、Oliveのほうがメインカードとして使いやすいという人もたくさんいると思います。

下記の記事ではプラチナプリファードを例として、三井住友カードとOliveフレキシブルペイを比較しているのでぜひ参考にしてくださいね◎

三井住友カードとOliveのお得な作成方法

最後に、三井住友カードとOliveについて、お得な作成方法をまとめておきます。

三井住友カードの作成方法①:紹介特典を使う

三井住友カードには紹介特典があり、紹介URLからの作成で公式サイトやポイントサイトを経由するよりもさらに多くのポイントを獲得できます。

ポイントサイト経由よりも、紹介URLから作成するのが一番お得です◎

非常に高額な特典のため詳細について解説したいところですが、WEBサイトでの公開は禁止されているので、下記フォームより「プラチナプリファード 紹介希望」と送っていただければ個別に対応させていただきます。

匿名でOKなのでぜひお気軽にご連絡くださいね♩個人情報がこちらに伝わることは一切ありません。

この紹介URLは三井住友カード専用です。Oliveには適用されないのでご注意ください。Oliveの紹介コードについては後述します。

三井住友カードの作成方法➁:ポイントサイト経由(ハピタス)

紹介特典よりも少なくなりますが、ポイントサイト経由でポイントを獲得する方法もあります。

ポイントサイトのハピタスを経由して開設すると、5,800ポイントが貰えます!

\登録でさらに1,000ポイント/

ハピタス 登録バナー

上記バナーより会員登録をしたら、ログインし「プラチナプリファード」と検索します。

↑この当時は7.300ptでしたが、現在は5,800ptまで減少しています。日々変動します。

検索結果として上記が出てくるので、「ポイントを貯める」をクリックして作成へ進みましょう。

※ ポイントは日々変動します。

Oliveの作成方法①:紹介コードでエントリー

Oliveアカウント紹介プログラム
出典:三井住友銀行公式サイト

Oliveフレキシブルペイは、紹介コードでエントリーし、契約日の翌月末時点での円預金残高が10,000円以上になるようにOliveアカウントに入金すると、1,000ポイントが貰えるプログラムが実施されています。

Oliveアカウントを作成する前に、下記よりエントリー&紹介コードを入力しておきましょう。

紹介コード:SF00149-0067802

エントリーはこちらから

Oliveの作成方法➁:ポイントサイト経由(ハピタス)

Oliveは、ポイントサイトのハピタスを経由して作成すると1,500ポイントが貰えます。

①の紹介コードと併用可能です。

\登録でさらに1,000ポイント/

上記バナーより会員登録をしたら、ログインし「Olive」と検索します。

Olive ハピタス

検索結果として上記が出てくるので、「ポイントを貯める」をクリックしてOliveアカウント開設に進みましょう。

※ ポイント数は日々変動します。

とまとかん

普通に作成しても1円も貰えないから、紹介特典やポイントサイトを忘れずに利用してね!!

まとめ

今回は、2024年春に発表されたOliveフレキシブルペイのアップデートについて解説しました。

Oliveフレキシブルペイのアップデート内容
  • 定額自動入金サービスの開始(2024年3月18日~)
  • 家族カード発行開始(2024年4月16日~)
  • Oliveアカウントランク切替機能開始(2024年4月8日~)

特に、家族カードの発行開始はかなりの朗報ですね。

三井住友カードよりも色々な制限が多かったOliveフレキシブルペイですが、そのデメリットを解消していこうとするSMBCグループの本気度がよく分かります。

Oliveフレキシブルペイの今後のさらなる進化に期待ですね◎

本記事が少しでも参考になると嬉しいです。

それでは今回は以上となります。

とまとかん

またね!

楽天ペイ-楽天ポイントカードも利用できるスマホ決済アプリ

楽天ペイ-楽天ポイントカードも利用できるスマホ決済アプリ

Rakuten Group, Inc.無料posted withアプリーチ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ